だるまときんぎょ(京都河原町駅・おでん)

だるまときんぎょ(京都河原町駅・おでん)

静かな通りにある。

だるま印の大きな提灯が目印。

京風おでんを味わうことができる特に若者に人気の創作おでん居酒屋。

おでんの具材は20種類以上あり、200円~500円ぐらいの価格帯。

アボカド、トマト、シュウマイなど変わり種もあり、

ドリンクメニューも豊富で、果実酒はしっかり果実が入っていて女性に大人気。

大根は京風の和風だしがしっかりと利いていて、口の中で旨味があふれる。

蛸長(祇園四条駅・おでん)

蛸長(祇園四条駅・おでん)

紅葉シーズンの夜におでん屋に。

祇園四条駅駅から鴨川沿いに少し南に行ったところにある。

18時半ごろに行くと、5,6人の待ちが。

明治15年創業とのことで老舗のおでん屋さん。

四代目となる老舗。

L型のカウンター。

メニューはすべて漢字で漢字当てゲームにひと盛り上がり。

路地裏アバンギャルド(福島駅・おでん、和食)

路地裏アバンギャルド(福島駅・おでん、和食)

古民家を改修したそうで、隠れ家的な立ち飲み屋さん。

有名な「ジャックとマチルダ」の系列店で3店舗目になるそう。

19時頃店に入ると7割程度埋まってる人気店。

1階は立ち飲みで予約できないが、2階は座敷で4人〜予約できるとのこと。

コの字のカウンターでちょうど煮込んでるおでんの前。

特等席やね。

おでん(大根150円、とうもろこし天150円、もっちり豆腐揚げ出し290円、春菊えのきトロロかけ390円)と炙り牛タンユッケ(690円)を注文。

値段も安くて種類多くて、色々頼めるからええね。

常夜燈(梅田駅・おでん)

常夜燈(梅田駅・おでん)

曽根崎にあるおでんの常夜燈。

創業60年以上でかなりの老舗。

エレベーターで2階に上がるとあります。

テーブル,カウンター席,掘りごたつなど40席あり、結構広い。

基本の梅10種(3500円)を注文。

大根,豆腐,こんにゃく,じゃがいも,卵,ひろうす,つくね,季節のおでんなど10種類。

〆に茶飯とお漬物がつく。

あと、ネギ袋(ネギと肉味噌を揚げで包んだもの),煮込みも注文。