醤油と貝と麺 そして人と夢(塚本駅・ラーメン)

醤油と貝と麺 そして人と夢(塚本駅・ラーメン)

塚本らへんはなかなか来ないけど、ラーメン激戦区。

今回は「醤油と貝と麺 そして人と夢」さん。

さあ、入りましょう〜

前は確か中華そばを食べたので、今回はハマグリ白醤油ラーメン(950円)を注文。

白醤油の原料は小麦がほとんど。

小麦9割に大豆1割程度の比率が多いようらしい。

淡白ながら、甘みが強いとのこと。

万正(鶴橋駅・焼肉)

万正(鶴橋駅・焼肉)

有名すぎる焼肉屋さん。

大阪で知らん人はいないんちゃうかな?笑

4人以上なら予約可能。

意外と一ヶ月先とか直近の予約やったら、空いてる日はちらほらあった。意外やね。

90分制で時間帯は決まっていて、

17:30~,19:00~,20:30~ときっちり決まっている。

金曜日に訪問。

早めに並ばんとあかんそうやったので、16:30に到着。

とんかつ マンジェ(八尾駅・豚カツ)

とんかつ マンジェ(八尾駅・豚カツ)

大阪で”とんかつ”と言えば、”マンジェ”。

というくらい有名な人気店。

予約はできず朝から整理券を求めるために並ぶので、気合い入れないと行けないしなかなか行けてなかった。

平成8年(1996年)に開業したマンジェは、カウンター13席だけの小さなお店。

「とんかつ」はもちろん「ごはん」「キャベツ」「お漬物」「赤出汁」「ほうじ茶」に至るまで、どれを食べても「美味しい!」「うまい!」と言って頂ける、究極の<とんかつ定食>を目指しているとのこと。

その努力の結果が今の人気に至るんやね。
受付開始は8:30。

並んで受付用紙に記入する。

電話がかかってきたら来店する方式。

昼70名様,夜60名様で受け付け終了(尚、昼・夜 共 朝8時30分より受付開始)

ネットで調べて土日なら7:30ぐらいに着いたら1週目で食べれそうだったので、7時半過ぎに到着。

先頭は5人程度。

1時間待つ。

ただ後で知ってんけど、2人しか並んでなかったのに5人で予約してたみたい。

(そんなんありなんかよ、、、)

なので、7:30で1回転目ぎりぎりやった。

んで、11時まで待ってやっと入店。

ふう、長い道のりやった。

のだ麺〜縁〜(野田駅・ラーメン)

のだ麺〜縁〜(野田駅・ラーメン)

野田阪神駅から徒歩2分にあるラーメン屋さん。

2022年3月22日にリニューアルオープンし、味もメニューもグレードアップ!

外観も内感もかなり綺麗。

食券制です〜

ピリ辛芳香味噌(1000円)、塩ラーメン+半熟塩卵(800円+100円)、手作り餃子6ケ(350円)を注文。

まずはピリ辛芳香味噌から。

味噌の香りが食欲をそそる。

しっかり炙られた大きな豚バラチャーシュー、刻まれた紫玉ねぎ、炙られた油揚げ、海苔、ネギなどがトッピング。

焼肉やっちゃん京橋店(京橋駅・焼肉)

焼肉やっちゃん京橋店(京橋駅・焼肉)

焼肉激戦区の京橋の中でも人気店の「やっちゃん」さん

暖簾分けなどで、大阪だけではなく兵庫、東京など10店舗以上展開されている。

その本店が京橋。

カウンターはL字のカウンターで14席のみ。

初めて来た人でも優しく接客やお話をしてくれるアットホームな感じ。

飲食関係の人や常連さんが多くてもこの雰囲気はいいね。

メニューは多くはないけど十分。

タン、はらみ、バラ、ロース、ツラミ、ミノ、アカセン、てっちゃん、ホルモンミックス。

部位により、タレ・塩・レモン・わさび醤油から選べる、

この日はキムチ盛り合わせ(550円)、上タン塩レモン(2420円)、上ハラミタレ(2420円)、上ロースわさび醤油(2420円)。

値段高い!と思ったけど、そんなことはない。

1人前なんと200g!!!!

他の店の3倍のボリュームはあるかな?

注文はハーフサイズもOKらしい。

2人ならハーフでもいいかな。存分に楽しみたい部位は一人前。

curry&cafe Warung ワルン(西長堀駅・カレー)

curry&cafe Warung ワルン(西長堀駅・カレー)

西長堀の住宅街。

公園の前にあるカレー屋さん。

オシャレな雰囲気でカレー屋さんとは思えない「curry&cafe Warung ワルン」さん。

なるほど、カフェでもあるんやね。

店の外までカレーのいい香り。

2種類のあいがけを頼もうとしたら、この頼み方の方が量も多くて安いと店員さんに言われ注文。

辛さは選べて中辛の2辛に。

セセリとぼんじりのチキンカレー(980円)+キーマあいがけ(250円)。

セセリとぼんじりのチキンカレー・キーマに、

ポテサラ・炒り卵・わさび高菜が入っている。

森実 野田阪神店(海老江駅,野田阪神駅・ラーメン)

森実 野田阪神店(海老江駅,野田阪神駅・ラーメン)

広島県で愛されている「麺屋 森実」の2号店で大阪初出店。

2020年4月13日にオープンした出来立てホヤホヤのラーメン屋さん。

海老江駅・野田阪神駅から徒歩ですぐのところにある。ラーメンは醤油のみ。

せっかくなのでチャーシューめん(800円)を注文。
濃い色の醤油のスープ。

麺は細麺。

トッピングはチャーシュー、長めのネギ、メンマと外観はシンプルなラーメン。

濃い色のスープを一口飲むととてもあっさり。

口当たりが良く、ほんの少し甘めで角がないコクのあるスープ。

旨味も感じつつも王道の醤油スープはとても沁みる。

中央市場 ゑんどう(野田駅・寿司)

中央市場 ゑんどう(野田駅・寿司)

野田駅や玉川駅から南の方に13~15分程歩いたところに「大阪市中央卸売市場」がある。

朝5時から空いているお寿司屋さん。

100年以上続いている老舗のお店。

京橋やバンコクにもお店があるらしい(バンコク?!)

朝10時くらいに行くと4人ほどの待ちが。

人気やね。

15分くらい待って入店。

カウンターとテーブル席がある。

入ると、おばちゃんに「苦手なものはありますか?」と聞かれた。

(食いしん坊なので苦手なものはありません)

いちまるらーめん(野田駅・ラーメン)

いちまるらーめん(野田駅・ラーメン)

JR野田駅と野田阪神駅の間らへんにあるラーメン屋さん。

壱丸煮たまごらーめん(920円)とライス(120円)を注文。

濃厚鶏白湯スープ。

ドロット感はそこまでやけど鶏白湯の味がぎゅっと詰まってる。

濃厚やけど、しつこさやくどさを抑える工夫をしてる。

濃厚やけど、滑らかなスープってずるずるどんどんいける。

美味しい!

ややしょっぱいかなとは思ったけど、ご飯も頼んどいて正解やね。

刻みたまねぎやコショウがいいアクセントになる。

アアベルカレー(九条駅・カレー)

アアベルカレー(九条駅・カレー)

九条駅のカレー屋さん。

平日限定のランチなのでなかなか行けてなかった。

アアベルチキンカレーと週替わり2種あいがけ(1,050円)を注文。

2種のあいがけカレー以外にも、サラダ・いんげん・レンコン・ヨーグルトなどが添えられている。

説明にはダル・カチュンバル・ライタ・アチャール・パパドと書いてある。

なんじゃそりゃと思って調べたら、

アチャール:インドのピクルス

ダル:豆のカレー

パパド:豆煎餅で、カレーにふりかけたり、そのまま食べたり

カチュンバル:酸っぱいスパイシーサラダ

ライタ:インド風ヨーグルトサラダ

ということふむふむ(絶対覚えられない)。

白庵(うどん・神崎川駅)

白庵(うどん・神崎川駅)

阪急神崎川駅近くにあるうどん屋さん。

ひやひや(620円)を注文。

ひやひやとは冷たいうどんに冷たい出汁のことです。

天かす・ねぎ・生姜がついてくる。

うどんはかなり太く極太と言える。

とにかくコシが強い。

グミに近いとの表現も間違ってもないと思う。笑

ひやひやは最もコシを強く感じるからなおさら。

京松蘭本店(京橋駅・焼肉)

京松蘭本店(京橋駅・焼肉)

京橋にある有名な焼肉屋さん。

予約は必須。

とにかく上質なお肉ががっつりいっぱい食べられるお店です!

コースのみで300g(5100〜5500円),400g(5500〜6000円),500g(6500円〜7000円)。

至ってシンプルやけど、量よ笑

普段300gもそもそも焼肉で食べへんしな笑

ということで300gのコースを注文。

旭屋(野田駅・ラーメン)

旭屋(野田駅・ラーメン)

JR環状線「野田駅」より徒歩数分のところにあるラーメン屋さん。1988年創業らしい。

店名と醤油ラーメンのビジュアルからもしかてしと調べると?!

やはり、個人的に大好きな”第一旭たかばし本店”系らしい!

京都の大学通ってた時、よく行ってたなぁ。

懐かしい。

その”第一旭たかばし本店”系列の鶴橋にある”二両半”から暖簾分けしたお店らしい。

これは期待できる。

華や 江坂店(江坂駅・中華料理)

華や 江坂店(江坂駅・中華料理)

江坂駅近くの中華料理屋。

香る四川麻婆豆腐セットを頼もうと思ったけど、土鍋麻婆豆腐セット(1100円)が名物ランチだそうでそちらを注文。

土鍋で熱々で出てくる。

小皿3品と卵スープと唐揚げがついてくる。

白ご飯は大盛無料です。

+200円で魯肉飯や炒飯にも変更できるそう。

讃岐うどん 四八(江坂駅・うどん)

讃岐うどん 四八(江坂駅・うどん)

江坂のうどん屋さんに入店。

江坂駅から江坂公園を通り過ぎたあたりにある。

店の名前が入っている四八ぶっかけうどん(900円)を注文。

うどんによってはセットで混ぜご飯、炊き込みご飯系も付けることができる

天ぷらは菜の花、えび、さつまいも、ちくわ、タケノコ、とり天など沢山入っている。

焼肉 三谷家(焼肉・昭和町駅)

焼肉 三谷家(焼肉・昭和町駅)

なかなか昭和町駅はこないけど、友人宅にお邪魔する前に焼肉を。

古民家をリフォームした感じで、高級感漂う外観。

1階と2階があり、テーブルや個室などゆっくり焼肉を楽しめる。

三谷家5種盛り2980円(特選ロース,上カルビ,ハラミ,中落ちカルビ,極上赤身)と

タン3種盛り2480円(塩タン,タンカルビ,特製厚切りタン)を注文。

2,3切れとかではなくて、量もありこの値段はCP良さそう。

まさる(四天王寺夕陽丘駅・寿司)

まさる(四天王寺夕陽丘駅・寿司)

なんば駅と天王寺駅のちょうど真ん中らへんにある。

四天王寺前夕陽丘駅になる。

阪神高速の高架下らへんにひっそりと佇むお寿司屋さん。

ちなみに1人1万以上するお寿司屋さんは行ったことがないので、個人的な感想として読んで頂けるとありがたいです!

社会人なってからずっとあこがれていた回らない高級なお寿司屋さん。

予約して、特にコースなどは何も聞かれなかった。

とんぴととりの光龍益(桜ノ宮駅・ラーメン)

とんぴととりの光龍益(桜ノ宮駅・ラーメン)

桜ノ宮駅なんかまあほぼ行くことはないけど、ここのラーメンが食べたくて食べたくて。

土日休みで平日と祝日のみ。

開店時間は11:30〜13:30/18:00〜20:00だが人気で売り切れ必須なので早めの入店が良き。

金曜日の19時過ぎに到着したら、普通のラーメン以外は売り切れ。

7時20分頃にはスープ切れで店を閉めていた。

人気店なんやなあ。

カウンターはL字になっている。奥にはテーブル席も。

各席の前にラーメン鉢が置かれ、お湯を注いで器を温める。

麺や マルショウ 江坂店(江坂駅・台湾まぜそば)

麺や マルショウ 江坂店(江坂駅・台湾まぜそば)

麺やマルショウは4店舗あって、今回は江坂店に。

今回は台湾混ぜそばDX(1210円)と台湾塩混ぜそば(860円)を頂く。

普通のにはチャーシューはついておらず、DXは水餃子2つとチャーシュー5枚くらい追加。

普通でチャーシュー入ってないのはケチやなあ。

1210円でもこのぐらいのチャーシューの量かあ。

まあ味よ。

台湾混ぜそばDXは魚粉が強めで程よい辛さ。

卓上調味料で調整できるし、まあよき。

ラーメン つけ麺 熱く勢ろ(関大前駅・らーめん)

ラーメン つけ麺 熱く勢ろ(関大前駅・らーめん)

関大前駅近くにある二郎系のラーメン屋。

関大生ならほぼ全員知ってるであろう。

もともとは「今を粋ろ」という店名やったけど、

「熱く勢ろ」に変わってリニューアル。

二郎系ラーメンを注文する人が多いと思うが、つけ麺のほうがおすすめ。

らーめん・つけ麺ともに250g750円,300g750円,400g800円。

それ以上もできるらしい。

腹をすかして300gのつけ麺を注文。

以前一回ラーメンを食べたけど、らーめんは普通。

らーめん颯人(南森町駅・らーめん)

らーめん颯人(南森町駅・らーめん)

南森町の住宅街に突如現れる行列が目印。

ミシュランビブグルマン獲得のラーメン屋さん。

11時からオープンで11時頃到着。

もうすでに20人くらいの行列が。

オープン前にこれば良かった。。。と思いながら並ぶ。

せっかく来たし引き返すわけにもいかない。

相方と二人で味噌(980円)と醤油(880円)と卵かけご飯(300円)を頼む。

中々のお値段やなあ笑

味噌・塩・醤油の3杯頼もうとしたら1人一杯と言われた。

けちやなあ。笑

最低1杯は分かるけど2杯頼んでもいいやろ!と愚痴りながら待つ。(大人げない

がんちゃん(吹田駅・ラーメン)

がんちゃん(吹田駅・ラーメン)

吹田駅らへんは夜中までなかなか空いている店はないけど、

商店街を抜けたところにひっそりとラーメン屋がある。

今回は塩ラーメン(650円)と半炒飯(250円?300円?)を注文。

餃子,から揚げなどもあるけど今回はスルー。

塩ラーメンには鰹節がのっていて、かなりあっさりしている。

焼豚,モヤシ,ネギ入っている。

Translate »