吟味屋(天満駅・焼肉)

吟味屋(天満駅・焼肉)

天満駅から大阪市北区役所を通り過ぎて、一つ目の交差点を右に曲がったところにある。
古民家で落ち着いた雰囲気。
席は全室個室で、掘りこたつでゆっくりできる。

タン(1,023円)・はらみ(1,078円)・ロース(1265円)・赤身肉の壺漬け(1,078円)・もも肉レアステーキ細切り(1078円)などを注文。

上部位は頼まずにスタンダードを注文。

うらきんぎょ(福島駅・イタリアン)

うらきんぎょ(福島駅・イタリアン)

全席ソファの開放感あふれる1Fテラス席(最大20名様)以外にも、

2Fは完全個室(最大10名様)貸切ビアサーバー&専用冷蔵庫でセルフ飲み放題を楽しめたり、

色んな楽しみ方がある。
メニューはサラダ・海鮮・肉・揚げ物・〆(パスタ・リゾットなど)・スイーツなど豊富。

ドリンクも種類豊富。これは女子に人気やなあ。

キノコとベーコンのアヒージョ(680円、バケット1cut130円)・蓮根焼餃子(680円)・キノコとベーコンの石焼きクリームリゾット(880円)を注文。

たまたまやけど、キノコとベーコンばっかり笑

チュカテ(肥後橋駅・イタリアン)

チュカテ(肥後橋駅・イタリアン)

大阪・肥後橋駅から徒歩5分くらいのところにあるチュカテ(Ciucate)。

今回はイタリアンということで、1階。

というのも、

2020年、テナントとして入っているビルを丸ごと借り上げ、

1階の「チュカテ」はそのまま、

2~4階と屋上は鉄板焼きなど異なる店をやっている。

コロナ禍でも勢いが止まらない。

店内は照明を落としてかなり薄暗い。

本当にイタリアの雰囲気がいい店にきたくらい暗い笑

ここまで暗く無くてええやろとは思うなあ。

スピッツの曲が永遠と流れている。

ただスピッツは歌ってない。

誰の声なんやろ笑

この日はとても寒いけど、扉が開いたまま営業。

コロナ禍やしほぼ満席やし仕方ないか。

と思ったら、オープンキッチンでタバコを吸っている。

今時それはないやろと思ったなあ。

自家製サングリア赤のデキャンタ(1200円)を注文。

このサングリアのデキャンタはおすすめ。

量も多くてフルーツもいっぱい入っててこの値段はコスパ抜群。

料理は本日の盛り合わせ4種類・生ハム・タコとエリンギの香味バター焼き(600円)などを注文。

asse+(肥後橋駅・イタリアン、ピザ)

asse+(肥後橋駅・イタリアン、ピザ)

靱公園らへんはイタリアン激戦区。

そんな激戦区にある肥後橋のイタリアン。

木目を基調とした内装で、アットホームな雰囲気。

カウンターと二人用のテーブルがメインやけど、店の奥には半個室のソファ席がある。

マルゲリータ(1080円)や前菜の盛り合わせハーフ(1630円)・カスタムアヒージョのノルマーレサイズ(1200円)などを注文。

前菜の盛り合わせはボリュームがす凄い。

二人なら間違いなくハーフやな。

レギュラー頼むなら3~4人かな?


生ハム・イタリア風オムレツ・キッシュ・カルパッチョ・人参のラペ・青のりのゼッポリーネなど10種類近く。

とくらルクア大阪店(大阪駅・ハンバーグ)

とくらルクア大阪店(大阪駅・ハンバーグ)

京都で大人気のハンバーグ屋さん「とくら」さん。

桂本店は学生の時、何回か行ってたなあ。

まさか大阪にできるとは。

コロナ禍でどんどん大阪・梅田周辺に色んな店が進出してきてるね。

大阪のルクアダイニング10Fへ。

11時過ぎに行ったけど、既に行列。

2週目で入店。40~50分は待ったかな?

オリジナルハンバーグ、チーズハンバーグ、しょうがあんかけハンバーグなど12種類。

今回はあっさりがっつりということで、和風ハンバーグ300g(1,220円)を注文。

セットは4種類あり、一番オーソドックスのAセット(味噌汁・漬物・ご飯 or パン)に。食器も本店と同じなんやね。懐かしい。ハンバーグは膨れ上がっている。

野口太郎ラーメン(北新地駅・ラーメン)

野口太郎ラーメン(北新地駅・ラーメン)

わずか人気店でミシュラン星一つ星を獲得した、北新地の人気店”野口太郎”

そんな割烹料理・小料理店が北新地にラーメン屋をオープン(2022年5月9日)。

その名も”野口太郎ラーメン”

そのまんま。
オープン日と言うことで、10分程度並んで入店。

意外と広く20席近くある。

以下を注文。

・太郎スペシャルラーメン(1,280円)

・花子ラーメン(1,000円)

・ぎょうざ(350円)

・づけチャーシューのせ炊き込みご飯(350円)

ちょっと高め。

太郎スペシャルラーメンは貝出汁ラーメン。

珍しく、さつま揚げときくらげがトッピングされている。

このさつま揚げがめちゃくちゃ美味しい。。。

ラーメンと合うかどうかはおいといて、めっちゃ美味しい。。。

チャーシューはしっとりとした食感。

牡蠣・あさり・しじみなどでとったスープ。

小皿の中華とお酒のバル 麻辣酒家 らいじん (伊丹駅・中華料理)

小皿の中華とお酒のバル 麻辣酒家 らいじん (伊丹駅・中華料理)

阪急伊丹駅から徒歩2分のところにある、中華料理屋さん。

地下に降りたところにあり、少し隠れ家的な感じ。
店名の通り、小皿で少しずつ中華料理が楽しめる。

量が少ないわけではないので、コスパも悪くない。

一皿495円〜。

中華ってがっつり料理が多いからなかなか沢山料理を注文することができないから、このスタイルは嬉しいね。

四川麻婆豆腐(小(1~2名様分)648円)。

自家製の山椒油、麻辣油を使ってるらしく、

本格的シビレる辛さの中にも挽肉などのの旨みが広がり、

お酒が進む。

福島 安兵衛(福島駅・焼肉)

福島 安兵衛(福島駅・焼肉)

福島駅からフクマル通りを通り過ぎて、高架下を通り抜けたところにある焼肉屋さん。

福島駅から徒歩3分くらい。

名店 の『西九条 安兵衛』の支店。

焼肉 安兵衛 福島店さん。

焼肉が食べたくなってふらっと。

予約してなかったけどなんとか入店。

お客さんでいっぱいでひっきりなしに電話がかかってる。予約はした方がいいね。

並塩たん(850円)、はらみ(1500円)、ロース(1400円)、梅の冷麺(700円くらい?)、キムチの盛り合わせ(550円)などを注文。

森実 野田阪神店(海老江駅,野田阪神駅・ラーメン)

森実 野田阪神店(海老江駅,野田阪神駅・ラーメン)

広島県で愛されている「麺屋 森実」の2号店で大阪初出店。

2020年4月13日にオープンした出来立てホヤホヤのラーメン屋さん。

海老江駅・野田阪神駅から徒歩ですぐのところにある。ラーメンは醤油のみ。

せっかくなのでチャーシューめん(800円)を注文。
濃い色の醤油のスープ。

麺は細麺。

トッピングはチャーシュー、長めのネギ、メンマと外観はシンプルなラーメン。

濃い色のスープを一口飲むととてもあっさり。

口当たりが良く、ほんの少し甘めで角がないコクのあるスープ。

旨味も感じつつも王道の醤油スープはとても沁みる。

イーカスーク(福島駅・カレー)

イーカスーク(福島駅・カレー)

福島駅から北にミスドと焼肉ライクを通り過ぎて、左に曲がった小道にある隠れ家的カレー屋さん。ランチの種類は3種類。

A(900円):カレー2種+副菜1種

B(1100円):カレー2種類+副菜1種

C(1300円):カレー3種類+副菜3種+ダル(本日の豆カレー)

この日のカレーは

・きのこのあさり出汁カレー(A,B,C)

・無水バンガル風チキンカレー(A,B,C)

・ハバネロビーフカレー(C)

Cを注文。

ご飯は全文、低糖質のバスマティライス。

ゴメンネJIRO(天満駅・洋食屋)

ゴメンネJIRO(天満駅・洋食屋)

東天満の飲み屋街にひっそりと佇む店。

ゴメンネJIROって店の名前がええよね。

エモい。

夜しかやってない洋食屋。

この情報だけで気になってた店。

中に入ると予約してますか?と聞かれ、してないと言うと奥のテーブルに案内された。

予約できるのか、ふむふむ。

メニューは手書きで洋食がずらりと、基本的に400円くらいから800円くらいまでのメニューが多くていいね。

夜だけでこの値段でやっているのが不思議。

1回目訪問時は三品注文。

ハンバーグステーキ(800円),卵のクリームコロッケ(420円),オムライス(850円)

2回目は以下を注文。

オムライス(850円),梅じそピラフ(900円),エビフライ(900円),ロールキャベツ(420円),カツオのタタキわさびソース(500円),ポテトサラダ(350円),牛タンシチュ(780円),グラタン(600円)

カレー コンドル(心斎橋駅・カレー)

カレー コンドル(心斎橋駅・カレー)

四ツ橋駅や西大橋駅の近くのカレー屋さん。

心斎橋駅からも歩いて全然行けるで〜

カウンターのお店。

カレーライス(600円)。大盛りはプラス100円

卵(50円),チーズ(50円)はもちろん、

チャーシュー(200円),豚軟骨(200円),エビフライ(200円),揚げ野菜(200円),チキンカツ(200円)などトッピングが豊富で、

色々チョイスして楽しめるね。

大盛りはせずにとんかつをトッピング(+200円)を注文

ワンオペです。

ぷーれ(福島駅・焼鳥)

ぷーれ(福島駅・焼鳥)

焼鳥激戦区の福島エリアを制覇する旅。

福島駅から3分の焼き鳥屋さん。

福島駅から線路を越えてミスドの手前の商店街をあるところにあるお店。

ぷーれさん。

雰囲気が隠れ家的な感じ。

店主はミシュラン獲得のあやむ屋さんで修業し独立されたらしい。

カウンターと奥に6席ぐらいのテーブル席があるこじんまりとしたお店。

人気店なので、週末は予約マストで平日も予約しておこう。

焼鳥7種の盛り合わせ(1700円)2人前、焼き野菜山芋(300円)2つ、鶏刺し盛り合わせ(1500円ぐらい?)、ウフマヨ(300円?)を注文。

鷺洲(さぎす)パープル(福島駅・立ち飲み居酒屋)

鷺洲(さぎす)パープル(福島駅・立ち飲み居酒屋)

福島駅から7~8分ぐらいのところにある立ち飲み屋。

梅田シャングリラの向かいっかにあった人気の立ち飲み屋さん”オレンジ”が店名を変えたとのこと。

近くにある商店街(聖天通商店街)を歩き、大通りも越えないとダメやからなかなかここまで行く人は少ないかも

味ちゃん(新大久保駅・韓国料理)

味ちゃん(新大久保駅・韓国料理)

新大久保は言わずと知れた韓国料理屋激戦区。

さあ。サムギョプサルを食べよう

その中でこの土地に3店舗営業している人気店の”味ちゃん”へ。

22日に行ったけど、ちょうどその日は”豚の日”でサムギョプサルが半額!

嬉しい〜

毎日22日は豚の日で色々半額なったりするから、この日を目掛けて行くのはありやでえ。

厚切りサンギョプサルセット(18mm)を2人前(1,518円×2人)と海鮮ネギチヂミ(2948円)を注文。

サムギョプサルは2人前から注文できないとのこと。。。

二人で色々頼みたい人は厳しいな。

4人ぐらいでサムギョプサル2人前とかで他頼むのが個人的には良さそう。

半額やからサムギョプサル1500円くらい!嬉しい

ENISHI 大阪本店(福島駅・担々麺)

ENISHI 大阪本店(福島駅・担々麺)

福島駅近くで一番のお気に入りだった、

“スパイス担担麺専門店香辛薬麺”さんが尼崎に移転してしまってショックやったなぁ

最近、新しい担担麺屋さんが最近オープンしたということで訪問。

緑色と赤色で目立つ外観。

以前は中華そば ムタヒロ 大阪福島店があった場所やね。

神戸でミシュランビブグルマン受賞のラーメン店の”担担麺専門店 DAN DAN NOODLES. ENISHI”

そういえば、魚担々麺・陳麻婆豆腐 ”dan dan noodles” って福島にあったよなあ。リベンジってことかな?

ここの担々麺の麺は細めやった印象。

神戸以外にも東京の五反田などにもあり、今回は満を持して大阪・福島駅オープン。

12月27日に支店がオープン。

担担麺(900円)・濃厚担担麺(980円)・麻辣担担麺(980円)・鶏白湯担担麺(900円)・麻辣鶏白湯担担麺(980円) などがある。

かちがらす(福島駅・焼鳥)

かちがらす(福島駅・焼鳥)

福島駅から徒歩5分。

にわとりの顔はめパネルが店の前にある。

40席ほどあるらしくかなり広い。

カウンター10席,座敷5席,半個室3席。

せせり180円、肝180円、ぼんじり180円、つくね200円などかなりリーズナブル。

塩、たれを選べる。

お多福(福島駅・お好み焼き、鉄板焼き、居酒屋)

お多福(福島駅・お好み焼き、鉄板焼き、居酒屋)

福島駅を降りて線路を越えたところにあるお好み焼き屋さん。

徒歩数分で使い勝手抜群。

2回目の訪問。

中に入ると広島カープ一色。

そう。広島焼きのお店。

広島焼き・焼きそば・ネギ焼きや焼き野菜・豚平焼きなど鉄板焼きの王道だけではなく、

ホルモン・砂ずり、せせりの鉄板焼き・海鮮の鉄板焼きなどメニューは豊富。

居酒屋メニューとして多過ぎるくらいあって嬉しいね。

ゲンジ(元町駅・洋食)

ゲンジ(元町駅・洋食)

元町駅の近くにある洋食屋さん。

夫婦二人三脚でお店を営んでいるそう。

2回移転して、3回目は元町。

40年以上切り盛りされている。

歴史があるなあ。

ビーフカツ(70g)とエビクリームコロッケ定食(1700円)を注文。

髪型が特徴的な店主に、「今日はどこから来たん?」と声を掛けて頂いた。

初めて行く店は緊張するから、こういう気遣いはほんまに嬉しいなあ。

担担麺の掟を破る者(大阪駅・ラーメン)

担担麺の掟を破る者(大阪駅・ラーメン)

大阪市都島区にあったUNCHI株式会社の担担麺屋さん(UNCHI株式会社:『人類みな麺類』や『くそオヤジ最後のひとふり』『世界一暇なラーメン屋』など、大阪を代表する行列ラーメン店を運営する会社)

最近よくうんち系ラーメン屋言ってる気がする。

勢いが凄い。

都島区にあって行きたいなと思っていたけど、都島に行く機会はないので行く前に潰れてしまってがっかり。

ところが、グランフロント大阪に移転になったと知って早速入店。

人生夢路 徳麺(谷町四丁目駅・ラーメン)

人生夢路 徳麺(谷町四丁目駅・ラーメン)

地下鉄谷町四丁目駅4番出口から徒歩5分ほどのところにあるラーメン屋。

食券制で、カウンターは9席。

中華そばとチャーシュー丼のセット(1100円)を注文。

中華そばは濃口醤油・薄口醤油どちらか選べる。

関西人らしく薄口醤油に。

麺・チャーシュー・スープは手作りで、化学調味料は一切使用していないとのこと。

スープは魚介系のスープであっさりしている。

煮干し・節・昆布から丸い1日じっくりかけて旨味を引き出した煮干し系のスープ。

見た目は薄そうやけど、味は意外としっかりしている。

毎日食べても食べ飽きない感じ。

良きね。

麺は自家製ストレート麺。

やや細めかな。

舌触りがいいが、程よくもっちりしている。

スープと絡んで美味しい。

チャーシューは2種類。

豚ロースのレアのチャーシューと低温調理の鶏肉2枚。

鶏肉はやや硬めやったかな?

それでもどちらも美味しかった。

ラーメン大戦争(ラーメン・三宮駅)

ラーメン大戦争(ラーメン・三宮駅)

JR三ノ宮駅から北に坂を上がっていった場所にある。

「人類みな麺類」「くそオヤジ最後のひとふり」などでお馴染み、UNCHI株式会社がプロデュースするラーメン屋さん。

三ノ宮以外も、梅田・心斎橋・尼崎・東京などにもあり勢いのあるラーメン屋さん

人類みな麺類系のラーメンで、スープも似ているかな。

関西だし醤油ラーメン「ピストル(790円)」・大魚醤油ラーメン「平和(790円)」を注文。

ビジュアルのインパクトもあるチャーシューは追加料金なしで1〜5枚から好きな枚数を選ぶことができる。

そりゃ5枚やね。

チャーシュー自体はあっさりしているので、女性でも5枚食べれるかな。

チャーシューは約5時間の低温調理で柔らかく濃厚な旨味があふれるイタリア直送のチャーシューらしい。

どちらも麺は全粒粉で食べ応えがある。

ココペリカレー(南森町駅・カレー)

ココペリカレー(南森町駅・カレー)

大阪天満宮駅・南森町駅あたりにあるカレー屋さん。

ビルの2階にある。

L字のカウンター。

店主1人で切り盛りしているんかな。

結構癖の強いユーモアがある店主で色々話しかけてくれる。

カレー3種盛り(1300円)のランチを注文。

ランチは飲み物が無料とのことでラッシーを注文。

メニューの名前は忘れたけど、鰯のカレー・チキンカレー・キーマカレーの3種類。

皿の周りにはにんじんや大根などのピクルスが添えられている。

美味しそうな見た目。

キャトルラパン(北新地駅・ステーキ、フレンチ)

キャトルラパン(北新地駅・ステーキ、フレンチ)

北新地にあるフレンチレストランのキャトルラパン。

平日の昼はたっぷりのステーキランチが低価格で食べられ大人気。

1日40食限定らしく、予約必須。
一回12時前に訪問した時には予約一杯で受付終了で入れず。
オープン前でも無理なんか、、、。

たまたま11:30くらいに早く行って12時過ぎに予約できたけど、
当日朝にランチ整理券も配られるらしいけど、前もって電話でランチ予約することがマスト。

中に入るとガラス張りで開放的なスペースのお店。
コの字のカウンターとテーブル席が4つ。